コンビニグルメアレンジ【簡単ホルモン焼きそば】カップ焼きそばと冷凍ホルモン焼きで簡単5分!

仕事帰り。

ジャンキーな焼きそばが食べたい、ホルモン焼きがゴロゴロ入ったようなやきそば。。

でも店に行くのも面倒、鉄板焼きに一人で入るのも億劫だし。

そんな時にオススメしたいのが、コンビニで揃えられる組み合わせで作るホルモン焼きそば

最近のカップ焼きそばが進化しているのもあって、コンビニで揃えたものとは思えないクオリティなので是非試してみてほしい。




まずはセブンイレブンへ

材料調達はセブンイレブンへ。

買うものは、

  1. カップ焼きそば(マルちゃん製麺の正麺) 税込243円
  2. 甘辛だれの牛ホルモン焼き(セブンブランドの冷凍お惣菜)税込278円
  3. 刻みネギ(あった方が美味しい!)税込108円


1.カップ焼きそば(マルちゃん製麺の正麺)

最近(2019年4月)発売の新しいカップ焼きそば。

ノンフライめんで食感がもちもち。ぺヤングやUFOとは全く異なる食感

ZOZOタウン前沢社長がInstagramで絶賛していて思わず食べてみたところ確かにすごい。これまでのカップ焼きをばとは全く違う食べ味で、生麺を炒めて作ったものとそん色ない。今回はカップ麺っぽさを出したくなかったので採用。

税込243円。なかなかのお値段だが、お店クオリティのものができるので我慢してくれ。

2.甘辛だれの牛ホルモン焼き(セブンブランドの冷凍お惣菜)

具材のホルモンはこちら。税込278円で100g入り。

牛ホルモンを使っていて、牛の脂が良いうまみを出してくれて、豚ホルモンのような臭いもない。

麺の具材という事で、100gもあれば量は十分すぎるくらい。


3.刻みねぎ

あったらなお良いのがこちら。セブンイレブンで100円くらいで買えます。

かなりの量入っているので、結構どっさりかけても半分くらい。もちろん家にネギがある人はそれを刻んでもOK。僕はめんどくさいので、、コンビニでこういうあったら嬉しい薬味もそろえられるようになって、独身一人ぐらいには心強い。。

材料はこの3つ。合計税込629。コンビニ飯としては高い印象を持つが、食べたら「鉄板の店でこれが629円なら安すぎる!」と僕は思ったので試してみてほしい。



超簡単5分で完成

作り方はいたってシンプル。というか、アレンジする事すらない。笑

手順書通りに作ったカップ焼きそばに、手順通りにレンチンしたホルモンを混ぜ合わせて、最後にネギをかける。以上。

(カップ焼きそばが熱湯5分で一番長い)

炒める必要も無し。正麺のカップ焼きそばには粉ソースと液体ソース両方ついていて、粉ソースの方に香ばしさが含まれていて十分香ばしくできる。

1ポイントとしては、ホルモン焼きのタレも残さず麺に混ぜる事。甘辛のタレが焼きそばに甘味を足してくれて、最高のジャンキー感が出る。

魅惑のジャンキー感

完成したのがこちら。

ねぎどっさり、一味唐辛子もあればかけると味が締まる。

麺の感じがぺヤングやUFOとは全然違う。

細めのストレート。店で出てくる生麺の焼きそばだ。

食感もこれまでのフライ麺系とは全くちがってもっちもち。生麺よりも腰があるのでは?というレベルだが、これがホルモンとの相性抜群。

ホルモンは結構食感があるので、麺のもちもちが負けない方が良い。

ぺヤングでもこのメニューを試したが、ホルモンだけ最後に口の中に残ってバランスが良くない。正麺の麺との相性は最高だった。

味の方はかなりの濃いめ。もともとソールが2種類あって味濃いめの焼きそば。そこにホルモンのタレも加えるのでジャンキー感がかなり強い味わいになる。

ここでネギがあると少しさわやかさが残って重たくなり過ぎないのでおすすめ。

量はちょっと足りなかったなあ。焼きそばは2つ分でも良かったかも。

ホルモンがかなり多かった印象なので、沢山食べたい人は正麺2個とホルモン1個という大盛りセットでもよいかもしれない。



まとめ

629円のコンビニアレンジレシピ。

仕事帰りにジャンキーなものが食べたい、お店に行く余裕はない、でも美味しい物が食べたい、、て方におすすめ。

私自身もこれからもコンビニアレンジレシピをいろいろ試してみて、美味しい物ができたらどんどん紹介していく。

京都グルメ・関連情報

普段は京都中心に食べ歩きがメイン。

お店訪問の記事も、よかったらお店選びの参考にどうぞ。

京都 山科【熟豚】中心部はほぼ生。京都最強のとんかつ!

京都 河原町【ホルモン千葉】学生にもおすすめ、低価格のホルモン焼きコース。絶品の〆焼きそばまで付いて満腹必須。

京都 北大路【鮨かわの】繊細な江戸前握り。大人の贅沢寿司ランチ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です